HOME > 不動産査定コラム > 売買に必要な書類の種類について

不動産査定コラム

売買に必要な書類の種類について

収益物件を売却する際の必要書類ですが、以下必要書類は以下の通りです。

契約書類関係

媒介契約書

  収益不動産の売主様と仲介業者が交わす書類です。媒介契約の形態、売買価格、報酬額等が記載されています。

売買契約書

  不動産売買を行う際に、買主様と結ぶ契約書になります。

建物関係書類

重要書類

  1. 権利証、登記識別情報(不動産移転登記の際に必要になります)
  2. 印鑑証明書(3か月以内のもの)
  3. 建築確認通知書(検査済書)
  4. 固定資産税評価証明書(土地・建物)

維持・管理

  1. 賃貸借契約書等
  2. 保証会社契約書
  3. 保守関係書類(エレベーター、機械警備、清掃会社等)
  4. 管理会社との委託契約書(継続する場合)
  5. 過去の修繕履歴
  6. 管理規約(区分所有の場合)

その他必要書類

  • 実印
  • 住民票(3か月以内のもの・個人契約の場合)
  • 資格証明書(法人の場合)

以上になります。
不動産を売買する場合は、さまざまな書類が必要になります。
仲介業者に事前確認をして、ゆとりをもって準備しておきましょう。

不動産無料しっかり査定プログラムについて詳しく