HOME > 不動産査定コラム > 必要な費用について

不動産査定コラム

必要な費用について

収益物件を売却する際にかかる費用についてご説明いたします。

収益物件を売却するときには、購入の場合もそうですが、何かと費用がかかります。
以下、その時にかかる費用のおもなものを記載しておりますので、ご確認ください。

印紙

契約書、領収証に貼付する印紙です。不動産の売買価格によりその金額は異なりますので、国税庁サイトより抜粋したものをご確認ください。

記載金額
税額
1,000万円を超え 5,000万円以下のもの
1万5,000円
5,000万円を超え 1億円以下のもの
4万5,000円
1億円を超え 5億円以下のもの
8万円
5億円を超え 10億円以下のもの
18万円
10億円を超え 50億円以下のもの
36万円
50億円を超えるもの
54万円

仲介手数料

売主が不動産仲介業者に支払う手数料です。
(物件価格×3%+6万円)×1.05がその報酬となります。
たとえば、1億円で所有の収益マンションを売却した場合
(100,000,000円×3%+60,000円)×1.05=3,213,000円が必要になります。
※建物部分については、消費税分を差し引いた金額が手数料の対象となります。

抵当権が設定されている場合

抵当権抹消費用

不動産に抵当権が設定されているときは、その抵当権を抹消しなければなりません。その時にかかる費用です。金額は司法書士により異なりますので、事前にご確認したほうがいいと思います。

売渡証書作成費用等

 

事務手数料

繰り上げ返済を行いますので、その際借入先の金融機関に支払う事務手数料が必要になる場合があります。金額は金融機関によって異なりますが、残代金の1%~2%程見ておく必要があります。

測量が必要な場合

測量費

売却する物件が隣地との境界が明確でない場合は、事前に測量をし、その境界を明確にしておく必要があります。この測量の金額ですが、物件の評価額や土地の状況等により金額は大幅に異なってきますので、一概になんともいえません。物件を売却する場合は事前に土地家屋調査士にご確認ください。

不動産無料しっかり査定プログラムについて詳しく